2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クレア・オースチン

001_20130106151634.jpg
こんにちは。今日も曇りです。
おいしいコーヒーで本を読みながらクレア・オースチンのことを考えました。


現在、クレア・オースチンの花が四つ咲いています。
003_20130106151636.jpg
一番小さな花

クレア・オースチンはデビッド・オースチンというバラの育種家が自分の娘に捧げたバラの名前です。
デビッドさんは作ったバラをいろいろ家族に捧げています。
年代順に並べるとこんな感じです。

お父さん  チャールズ・オースチン     アプリコット色          1973
お母さん  リリアン・オースチン      複雑な花色が魅力なピンク色    1973
妻の父   L.D.ブレスウェイト      赤                1988
長男の妻  フランシーヌ・オースチン   白の房咲き             1988
次男の妻   ジェーン・オースチン      外側が白、中が黄色        1990
孫     シャーロット・オースチン   外側は白 中がレモン        1993
妻     パット・オースチン      オレンジのホットカラー     1995
姉     ヘザー・オースチン       深いピンク           1996
妹     バーバラ・オースチン     淡いピンク           1997
娘     クレア・オースチン       白              2007

004_20130106151637.jpg


お父さんとお母さんはリアンダーハイブリットというグループの最初の頃の品種とされています。
妻の父には英国で男性に一番人気という赤い色を
自分の妻には新しい色としてできたホットカラーのオレンジ。
お姉さんと妹はピンク
自分の子供たちには白を当てているようです。

その中でも、このクレア・オースチンは一番最後に捧げられていますね。
このバラが発表された2007年はデビッドさんの妻パットさんが亡くなった年でもあります。
デビットさん、この時81歳。おそらく娘さんが結婚するのをずっと待っていたのではないでしょうか。
妻があまり長くはないのではないかと思ったので、最後に夫婦で娘さんにバラを捧げることを決意したのかもしれません。
「パット、あの白くてよい香りの花をクレアにあげようと思うんだ。」
「デイビッド、いいじゃない。これで私達の家族みんなにバラをあげることができるわね。」

こんな会話が病室であったのではないでしょうか。あくまでも想像ですが。
006_20130106151718.jpg


白い花のイメージは白いウェディングドレスが18世紀の英国ヴィクトリア女王から普及したということに対する誇りもあったのかも。80になるまで娘の結婚をあきらめきれないパパの姿も想像できます。
パパの気持ちを汲み取って結婚式にこの花を飾ったらデビッドさんも喜ぶのではないでしょうか。

005_20130106151650.jpg
一番大きい花


日曜午後のコーヒーを飲みながらの想像でした。


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村クリックしていただくと励みになります
スポンサーサイト

家族愛

デビッド・オースチンの家族に対する愛情が
バラの名前を通じてそれぞれの方に捧げられたのは
素晴らしいですね。
バラ育種家の特権で羨ましいですね。
[ 2013/01/06 18:10 ] [ 編集 ]

こんばんは

白い薔薇の名前にふさわしい
美しいお話しですね
p☆
[ 2013/01/06 19:03 ] [ 編集 ]

こんばんは

イングリッシュローズに愛情を注いだデビットオースチンさんの
家族への感謝の思いが伝わってくるようですね。
長男さんと次男さんは本人ではなくて奥さまの名前が
つけられているところが面白いですね。

私も、初めてスタンダード仕立てのバラを買ったとき
クレアオースチンとパットオースチンの親子を選んだのですが
パットオースチンは葉っぱが出ないまま枯れてしまいました。
[ 2013/01/06 21:55 ] [ 編集 ]

花咲かじいさま。こんばんは。
家族愛はいいですね。きっと孫とひ孫の分も用意しているのではないかと考えたりします。
[ 2013/01/06 23:08 ] [ 編集 ]

トマトの夢3さん。こんばんは。
白い花ってそれだけで、ちょっと他の花と違う感じが私にはあります。
美しいと言って頂けてうれしいです。
[ 2013/01/06 23:15 ] [ 編集 ]

keiko1203さん。こんばんは。
親子のバラがそろって咲いたら美しかったでしょうね。
長男と次男にはなぜ、奥様の名前をつけたのか、考えると面白そうですね。
いろいろな想像が広がっていきます。
[ 2013/01/06 23:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okinawanobara.blog.fc2.com/tb.php/35-b9ba2d15










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。